Background Image
DISCOVER Pivot TODAY

副業でAmazon輸出、はじめてみませんか。

全ての業務を自動化ツールSPROUSE(スプラウズ)がお手伝いします。

SPROUSEについて

Amazon輸出とは

Amazon輸出はここ数年様々な雑誌で常に人気No1の副業として紹介されているビジネスです。
Amazon輸出は日本のAmazonで仕入れて海外のAmazonで販売する
日本と海外での価格差を利用したビジネスです。

Amazon輸出がなぜ人気なのか。
その理由は大きく4つあります。

空き時間で出来るので副業に最適

1つ目はネット上だけで完結すること。 Amazon輸出の作業の流れとしては、
1. 海外のAmazonに出品する
2. 商品が売れたら、その商品を日本Amazonから仕入れて発送代行会社に送る
3. 発送代行会社が梱包して海外に出荷する
という流れになります。 ネット上の操作だけで作業が完結するので、空き時間に行う副業として最適です。

リスクが少ない

2つ目はリスクが少ないということ。 海外のAmazonで商品が売れてから日本Amzonで商品を仕入れて発送します。 売り上げが確定してから商品を仕入れるので赤字になることがほぼありません。 もちろん赤字の可能性は0ではありません。 稀に仕入れ後に注文がキャンセルされたり返品される場合があり、その場合は在庫を抱えることになります。 しかし、先に商品を仕入れて常に在庫を抱えた状態で運営する通常の物販に比べて圧倒的にリスクが少なくなります。 通常の物販は先に仕入れるので売れないと赤字になります。 Amazon輸出は売れてから仕入れるので返品やキャンセルの場合のみ赤字になります。

自己資金がなくても始められる

3つ目は自己資金がなくても始めることができるということ。 Amazon輸出のお金の流れを簡単に説明すると次のようになります。 1. 海外Amazonで売れる 2. 日本Amazonでクレジットカードで仕入れる 3. 海外Amazonから入金がある 4. クレジットカードの支払いをする Amazonからの売り上げの入金は2週間に一度発生しますので、基本的にはクレジットカードの支払いよりも先にAmazonから売り上げが入金されます。 つまり、商品を仕入れるための現金がなくてもクレジットカードの限度額を資本金としてビジネスを始めることができます。

簡単に売れる

4つ目はびっくりするほど簡単に出品した商品が売れるということです。 物販を行う場合に一番難しいのは集客です。 無数に存在する店舗の中から自分のお店の商品を見つけてもらうのは非常に難しいことです。 しかし、Amazon輸出の場合はこの一番難しい部分をAmazonが解決してくれます。 インターネットで商品を検索してもらうとわかると思いますが、大抵の場合は一番最初に表示されるのはAmazonの商品ページではないでしょうか? Amazonという世界中から買い物にくる一等地に商品を出品することができるので、自分で店舗を開くより圧倒的に商品が売れやすくなります。

  • Amazon輸出のデメリットとは?

    いいこと尽くめのAmazon輸出ですが当然他の副業に比べて劣っている部分もあります。特別な仕入れ元から安く仕入れるわけではないので基本的に薄利多売になります。稀にお宝商品が見つかり、一度の取引で数万円の利益を得られることもありますが、それは宝くじにあたるような物でギャンブルの類です。副業として堅実にまとまった収入を出し続けるためには数万点の商品を出品して管理する必要があります。

    Amazon輸出は薄利多売であるという前提に、大量の商品を簡単に出品・管理して堅実に利益を出し続けることをコンセプトに開発されたのが、Amazon輸出のあらゆる業務を全自動化するこのSPROUSEです。SPROUSEのユーザーは1日1時間に満たない作業時間で数万点の商品を管理し、月商100万から多い方で1000万の売り上げをあげています。では、具体的にどれぐらい簡単に数万点の商品を出品・管理できるのかを紹介いたします。

  • 私がSPROUSEを使ってAmazon輸出を始めたのが、ちょうど1年前です。
    始めの頃は『そう簡単にうまくいくものか』と考えていましたが、現在は本業の収入をはるかに超える月収100万円を達成しました。

    M.Gさん
  • 本業は残業続きでなかなか時間の取れない私ですが、SPROUSEでほぼ全ての業務を自動化しているので並行して稼ぎ続けています。
    初めは誰でも不安だと思いますが、まずはトライしてみる事をオススメします。

    N.Yさん
  • 輸出という事で英語が不安でしたが、特に問題なく続けています。
    本業の年収を軽く超えてしまったので今年、独立します。
    SPROUSEサポートチームの皆さんありがとうございます!

    T.Kさん
SPROUSEのユーザーは1日1時間に満たない作業時間で数万点の商品を管理し、
月商100万から多い方で1000万の売り上げをあげています。
では、具体的にどれぐらい簡単に数万点の商品を出品・管理できるのかを紹介いたします。
自動リサーチ

商品を検索して欲しいキーワードなどを登録して、あとは「放置」するだけです。 あなたに変わって24時間365日、その条件にあう利益の見込める売れ筋商品をAmazonの最新情報を元に見つけてきます。

ウォッチリストによる高速出品

自動リサーチで見つけた商品がウォッチリストとして蓄積されていきます。 このリストの中から出品したい商品の出品ボタンを押すだけで出品作業は完了です。 また、一括出品機能もあり1~2分で100件ほどの商品を出品することが可能ですので1日30分ほどの作業でも1ヶ月もあれば、あなたのだけの商品リストで数万件を出品することが可能です。

在庫管理と価格改定

Amazon輸出では出品した商品に対して在庫管理・価格改定を行い続ける必要があります。 出品した後に日本Amazonで在庫がなくなった場合は、せっかく海外のAmazonで売れても仕入れることができません。 また、出品したときは利益のでる販売価格で出品しても、為替や日本Amazonの商品の価格が変動した場合に、赤字になってしまいます。 Amazon輸出では、そのようなケースを防ぐ為に、常に出品した商品の在庫・価格を管理し続ける必要がります。 数万点の商品を出品した場合、手作業で行うと時間がいくらあっても足りませんが、SPROUSEはこれをすべて自動で行なってくれますので出品後は特になにもやることがありません。 あとは売れるのを待つだけです。

SPROUSEと他のツールの決定的な違い

SPROUSEではお客様1人につき専用サーバーを1台準備しています。 その為、お客様1人に対して弊社が支払っている設備コストは他のツールの10倍以上になります。 なぜその必要があるのか。 例えば、SPROUSE以外にも他にもリサーチ機能を提供するツールは存在しています。 しかし、他のツールがリサーチ機能と呼んでいるのは、そのツールが集めた数10万〜数100万件の商品リストをその利用者全員で奪いあうものです。 SPROUSEではあなたが設定した条件にあう商品を数10億件のAmazonの商品リストから検索し、「あなただけの商品リスト」を作成しますので、月商100万越えの利用者が共存できています。

また、SPROUSEでは1時間に約3万件の最新の商品情報をAmazonから取得して在庫管理・価格改定に使用しています。 これはAmazonが許可する限界の件数で、自信を持って断言しますがSPROUSEより高速に商品情報を更新しているツールは他に存在しません。 もしそのようなツールが存在している場合はそのツールはAmazonが許可しない方法で情報を取得している不正なツールです。 なぜ、そこまで速度を求めているかというと、いくら在庫管理・価格改定を行っても、その元となる商品情報が古くて不正確なものだと全く意味のない行為だからです。 SPROUSEではその正確な最新の商品情報を元に、2年以上の間、利用者の億を超える月商を支えてきた正確な計算のもと価格改定を行なっています。

Freelancer Essentials
Background Image

このように、SPROUSEと他のツールで機能の名前が似ていても、その機能がお客様に提供している価値が全く異なります。 Amazon輸出で極力リスクを回避して利益を出し続ける為にはそれだけの価値を発揮できる性能が必要ですので、弊社はその為の設備投資を行なっています。 弊社が2年以上の間、Amazon輸出を行う人々の億を超える月商を支え続けて蓄積してきたノウハウと設備があなたのお力になれると幸いです。

SPROUSEについて詳しく